テーマ:日常

漂流怪人・きだみのる 嵐山光三郎著

先月、嵐山光三郎著「漂流怪人・きだみのる」刊行記念として、神保町シアターで行われた渋谷実監督「気違い部落」上映と嵐山光三郎トークショーに行ってきました。 その際、嵐山光三郎氏のサイン入り本を購入したのですが、きだみのるの評伝、「漂流怪人・きだみのる」最高傑作です。 以前きだみのるについて書いた記事 {%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年さくら

桜好きです。一緒に咲いているユキヤナギ、ロウバイ、菜の花も好きです。 2016年桜。大抵ランニング中にガラケーで撮ってます。 ちなみに2104年桜もあります。ここ 2015年はありません。GWも出勤などかなり仕事テンパってました。でも、忙しい時ほど、心に余裕持たないといけませんね。まだまだ未熟者です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよなら新宿高速バスターミナル

新宿での飲み会の前、時間があったのでブラブラしてました。 まず行ったのが伊勢丹で催されている京都フェア。目的は森嘉の嶬峨豆腐。川端康成や敬愛なる司馬遼太郎もファンだったようですが、既に売り切れていました。 その次に行ったのが、4月4日にバスタ新宿がオープンするのに伴い閉鎖される新宿高速バスターミナル。 見納めです。跡地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第20回菜の花忌「司馬作品を語りあおう--今の時代を見すえて」

第20回菜の花忌シンポジウムが、 2月20日に日比谷公会堂で行われました。 司馬遼太郎記念館館長 上村洋行氏の挨拶 ○ 滋賀県は今年(2016年)が司馬遼太郎の没後20年にあたることから、4月23日に県立文化産業 交流会館(米原市)で「街道をゆく」をテーマにしたシンポジウムを開く予定。 ○ 産経新聞は2016年秋か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくばマラソン2015

つくばマラソンの応援に行ってきました。私が初めて出たのは2000年。随分と参加人数が増えたものです。フルは3ウェーブスタートで多少はスムーズになったようです。 朝5時半に出て、普段なら外環を使うのですが、今回は中央道、首都高速、常磐道とお金よりも時間をとったこともあり、つくばには7時過ぎに着きました。高速代だけで3000円以上…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

櫛挽道守(くしひきちもり)

木内昇さんの「櫛挽道守(くしひきちもり)」を読み、物語が非常に心に残りました。木内さんの作品は「笑い三年、泣き三月。」以来。非常に丁寧に歴史を勉強していることがあちこちに表れています。 木曽山中、薮原宿。中山道沿いの小さな宿場町で、「お六櫛(おろくぐし)」を作る一家がいた。主人公長女の登瀬。天才的な職人である父・吾助。生活に倦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やげん(薬研)掘通り

両国橋のたもと薬研堀不動院の名前に由来しています。 両国橋の少し南の小さな堀です。 中央区は銀座などの超都会的なところと、ここ薬研掘のようにホッとするところが混在していて大好きな所です。 夕暮れ時の明かりと柳がほっとします。 江戸時代、薬研掘には医者も多く順天堂大学発祥の地です。 薬研とは薬作り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルーボトル・コーヒー日本一号店

ブルーボトル・コーヒーの日本一号店が今年(平成26年)10月に東京都江東区の清澄庭園近くにオープンするという情報を得たので、予定地に走って行ってみた。 http://www.bluebottlecoffee.com/ この倉庫(平成26年7月3日撮影)関係者のような人が居ました。 現在、米国で12店展開しているよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の鎖

湊かなえの「花の鎖」 図書館で予約すること半年待ちでやっと読むことができました。 湊かなえは今の尾道市因島出身。今年のGWに家族で尾道に旅行に行ったし、現在は、これまた家族旅行で行ったことのある淡路島に在住。学生時代は自転車にハマっていた。歳が近いということで非常に親近感のある作家です。 さて、花の鎖。元英語講…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲城の再開発

つい先日、丘の湯を目指して多摩川を走っていると、右岸の崖が広い範囲で再開発されていました。場所は読売ランドの西側一帯。 何でも「稲城南山東部地区開発」と呼ばれているようです。 稲城市の説明。 http://www.city.inagi.tokyo.jp/shisei/machi_zukuri/jigyo/kukakusei…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カレー・バーベキュー

長男、初中間テスト最終日の後、力作のカレー バーベQだけど流しソーメン。子どもたち大喜び。ソーメンだけでなく、さくらんぼ、梅干し、こんにゃく、カステラ、ゆで卵・・・。 皆さんありがとうございました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知なる世界への憧れと挑戦

広島県立歴史博物館で平成26年6月8日まで「守屋壽コレクション」企画展が行われています。 http://www.manabi.pref.hiroshima.lg.jp/rekishih/cover.html 場所は少し遠いのですが広島県福山駅前です。 一個人がこれだけの地図をコレクションしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼稚園のこと

久々の長文です。 25日は上の子の小学校卒業式でした。その後、下の子の小学校入学式以来5年ぶりに家族で写真を撮りにいったのですが、少し時間があったので、下の子の卒園以来これまた5年ぶりに写真館の近くにある幼稚園に挨拶に行こうということになりました。 ここの幼稚園には本当にお世話になりまして、朝は7時過ぎにバスで迎えに来てくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お登勢

今、船山馨の「お登勢」を読んでいる。 NHKのドラマになったこともあるみたいだが、久々に良い小説にめぐりあった。 明治維新、徳島藩と稲田家の確執により起きてしまった稲田騒動のお話。 稲田側が成り上がりの岩倉具視などの新政府に北海道静内に移住させられ、開墾するのが小説の流れなのですが・・・。 思わぬところで嬉し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よかったよアイルランド

アイルランドが10年物国債(発行利回り3.543%)37億5000万ユーロを募集したところ発行額の4倍近い140億ユーロの需要があったようだ。アイルランドは2010年EUやIMFに金融支援を仰いだが、その後財政赤字削減にむけて必死に努力した結果だろう。(平成26年1月8日日経新聞より) 私はアイルランド国民に対し非常に好意的だ。苦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2052年

2052 今後40年のグローバル予測 ヨルゲン・ランダース著 新年一冊目はこのような本を読んでいます。 2052年。人口、気候、食料、エネルギー等々どうなっているのでしょうか。 「成長の限界」が世に出た後の40年間も走り続けてきた結果・・・。 私は生きているか分かりませんが、子どもや孫はおそらく生きている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京多磨霊園物語

「東京多磨霊園物語」明石書店。地元府中市浅間町在住の立元幸治さん(78)が2年余をかけて執筆した「東京多磨霊園物語」。本には、芸能や文学、芸術、政治、思想などの分野で、主に昭和期に活躍した2人を組み合わせる手法で、計30組の物語が掲載されている。 立元さんは九州大学卒業後、NHKに勤務し、2000年頃に府中市に転居してきたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

調布保谷線

調布保谷線 調布保谷線約14km。稲城市矢野口から西東京市北町三丁目に至る道路です。 幅員16mの車道の両側に10mずつの環境施設帯を設置し総幅員36mの道路となるようです。 多摩地区は南北の道路が脆弱なので早く完成して欲しいです。工事中の道路を見るとわくわくします。 玉川上水にかかるピカピカの銀杏橋。やはり多摩地区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日立製作所中央研究所

日立中央研究所の庭園は春秋年2回公開されます。 故小平浪平創業社長の「よい立木は切らずに、よけて建てよ」」という意志を受け、日立製作所が樹木を極力守ってきたそうです。設立は昭和17年。敷地207000㎡(東京ドームの約5倍) 今年の春公開は悪天候で中止だったので今年初の公開でした。 武蔵野の面影が残っていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武蔵野の森総合スポーツ施設

 味の素スタジアムと西競技場の間に武蔵野の森総合スポーツ施設が、今月のスポーツ祭東京閉会後から着工し平成28年10月に完成するそうです。完成するのが待ち遠しい。東京都のHPより。  この施設を巡っては7月に一度入札が実施されたが、参加した業者すべてが応札を辞退し、東京都は9月に予定価格を引き上げた上で再入札したようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未完のファシズム

未完のファシズム。「持たざる国」日本の運命。片山杜秀著。 昨年の司馬遼太郎賞を受賞した著書。 日本は持たざる国。謙虚が一番。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃の実

本日の台風は凄かった。やはり自然の力は偉大だ。 台風が治まってから小金井公園に行ったら、クヌギのどんぐりがいっぱい落ちていた。枝もいっぱい折れていた。そんな中、魅力的な実が落ちていた。 家で子供とかみさんとでいろいろと調べたら、トチノミだった。 栃の実って司馬遼太郎の街道をゆくによく出てくるので興味があった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020東京オリンピック&パラリンピック

東京五輪が2020年開催されることになった。札幌オリンピックが閉会してから数日後に生まれた自分は前回の東京オリンピックは映像でしか知らない。7年後の東京オリンピックには何らかの形でかかわりたい。子供たちも大学生になっているのか? 上の子が小学校の最後の運動会でリレーの選手に選ばれたようだ。これまた嬉しい。リレーの選手になると朝練が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑い三年、泣き三月。

笑い三年、泣き三月。 著者の木内昇氏によると、義太夫節の修業で使われる言葉で、人を泣かせる芸は3ヶ月で完成するが、笑わせる芸には3年かかる、ということのようです。 終戦後、昭和23年位からが小説の舞台ですが、著者の木内氏、私とたいして年齢違わないのに、当時の街の様子などがいろいろな人物を通してリアルに描かれています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年も楽しかった

2012年を振り返ってみたいと思います。 2011年11月に発症した坐骨神経痛で2012年1月まで尾を引きました。苦しかった3ヶ月。 3月は長男がフルマラソンを6時間33分で完走しました。次男はインフルにかかったので来年リベンジします。 4月。5回連続完走中だった「さくら道国際ネイチャーラン」を178k地点でリタイアし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスパーティー

24日のクリスマスパーティー楽しかった。 すごいごちそう。肉にカニにチーズ、ワイン。 WiiUってすごいですね。ゲームだけでなく通信カラオケまでできるんです。おじさんびっくり。 卒園から約5年になる男子4人プラス1人の子供たち5人はカラオケでこんな歌を選んで喜んでいました。 うんこ 森山直太朗 さっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間ドッグ後ラン

私はここ数年人間ドッグ後、帰宅ランをしています。 コースは新宿から神田川、井の頭公園を経て玉川上水、自宅というルート。 昨年から行われている神田川流域の工事はまだ終わっていませんでした。もう少しかな。 淀橋 西新宿のマンション2棟が完成していました。すごい迫力です。 豊水橋 相生橋 菖蒲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地形を楽しむ東京「暗渠」散歩

東京「暗渠」散歩 最近出版された本です。少し高価ですが、カラー写真が多く見てるだけで楽しくなり、歩きたく(私の場合は走りたく)なります。 都内を走るのがまた一段と楽しくなりそうです。 執筆者(敬省略) 本田創 黒沢永紀 高山英男 福田伸之 三土たつお 吉村生
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分のからだ

2012年秋。じぶんのからだ分析です。 お世話になっているスポーツマッサージで計測してもらいました。 ここの先生方本当にすごい人ばかりで、まず奥様が元オリンピック選手だったり、三浦雄一郎さんとお友達だったり、今年の女子駅伝覇者立命館の専属トレーナーだったりと・・・。 さて、私の分析結果です。課題は左脚の筋肉量。筋トレしなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンション乱立

最近、どこもかしこも更地になればマンションしか建たない。 写真は日本橋川畔、東証前のマンション建設現場。東証向かいの日興証券ビルもマンションにするのかな? 敬愛する司馬遼太郎さんは、奈良紀行で赤や金色の建物の乱立に嘆かれていた。 また、日本の土地成金に対し、次のように警告している。 土地を公有にしなければ日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more