沖縄サザンC100K

この試走会を知った時、絶対出たいと思いました。
沖縄で走る機会といえば、家族旅行の際、朝食前の早朝ラン10K位。

なら、好きな時沖縄行って走ればいいじゃない、と思われる方もいるかもしれませんが、10K位ならまだしも100Kとなるといろんな所を走ることになる訳で・・・。沖縄というと車社会。安全に走れるのかという不安がありました。

こういうことをいいつつ、20年以上前のWV時代、2月でしたが、西表島を1週間かけてブッシュしてました。歳をとると安全志向が働くようです。

朝6時、糸満市役所をスタート。スタート地点までホテルからテクテク歩いていたら、見覚えのあるベンツ車に乗せて頂き助かりました。
画像


沖縄はさすがに日の出が遅いです。まず第一折り返しの瀬長島を目指します。
画像


瀬長島はウミカジテラスとか温浴施設で人気があるようです。この島の入り口で折り返すコースでしたが、先頭集団は誤ってかなり先まで行ってしまったようです。

次に目指すは喜屋武(キャン)岬。集団自決とかがあった場所のようです。平和に走れることに感謝。途中、大根畑やサトウキビ畑を通ります。サトウキビはススキのような穂が出ると収穫期だとペーサーの女性に教えて頂きました。
画像


喜屋武岬
画像


画像


エイドです。4,5Kおきにありました。スタッフの方々ありがとうございます。この後のエイドではドーナツ、大福、おにぎり、メダリスト、豆乳、オルガニック等々美味しくいただきました
画像


続いて平和祈念公園、贅沢な観光ランです。
画像


ちんすこうの工場
画像


天ぷらで有名な(初めて知った)奥武島一周。今は立派な橋があるが、昔は当然舟で移動していたのでしょう。

風光明媚なコース
画像


画像


知念岬。Iさん夫妻とおしゃべりし、この大会で5つ以上は頂いた大福を食べながら、次のシュガーホール折り返しを目指します。
画像


知念峠から見たニライカナイ橋。ここを通ることになります。何となく伊豆のループ橋、もしくはさくら道の五箇山トンネル前の橋を思い出しました。
画像


ここからしばらく写真はなく(つまりきつかった)、折り返し地点で豆乳を頂き、すれ違うランナーと言葉を交わしながら、ニライカナイ橋を登ります。ゼッケンにもこの橋の写真が使われています。
画像


その後は、自衛隊の基地などを通りながら、また、ペーサーをしていただいた女性や子どもたちに応援してもらいながら、無事、糸満市役所にゴールしました。途中の歩道、草ぼうぼうのところもあり、ハブが怖いので足早に立ち去りました。

素晴らしいコースでした。今回は試走会ということでしたが、来年以降の本大会応援しています。

翌日は前から行きたかった対馬丸記念館に行ってきました。対馬丸知ってる人少ないと思います。大戦中、学童疎開の子どもたちをたくさん乗せた船が、那覇から本土に向かう途中、トカラの悪石島沖でアメリカ軍から魚雷攻撃を
受け沈められてしまいました。

しかも撃沈されたことを遺族に緘口令を敷いた日本。館内の写真を見ていたら泣けてきました。
画像


楽しい三日間でした。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック