幼稚園のこと

久々の長文です。

25日は上の子の小学校卒業式でした。その後、下の子の小学校入学式以来5年ぶりに家族で写真を撮りにいったのですが、少し時間があったので、下の子の卒園以来これまた5年ぶりに写真館の近くにある幼稚園に挨拶に行こうということになりました。

ここの幼稚園には本当にお世話になりまして、朝は7時過ぎにバスで迎えに来てくれて、帰りは夜7時ごろ送りに来てくれました。

当然共働きには大人気でして、平成16年6月頃(上の子3歳、下の子1歳)に問い合わせの電話を入れたところ軽くあしらわれてしまったので、ノーアポで訪問したのが付き合いの始まりでした。

訪問した際、たまたま園長先生が私たち親の話をじっくりと聞いてくれ、実情を訴えたところその場で入園が決まりました。(もちろん部外秘ということで・・・)ただし、子供が園に慣れるため、毎週土曜日午前中にモンテッソーリ教室に通うことが条件でした。
画像

画像


土曜は妻が仕事なので、私が二人を連れて行っていたのですが、今のようにイクメンなどと言う言葉はなく、周りはお母さんばかり(8人くらいだったかな?)でお父さんはゼロ。今でもその中の少しの方々とは付き合いがあるのですが、「あの人のお母さんはどうしたのだろうか」と噂になっていたようでした。また、中には私が短髪という理由だけで私のことを本気で高校の体育教師だと思っていた方もいたようです。まあ、私は女性が好きなのでそれなりに楽しくやっていたのですが、それはモンテ担当のO先生の気遣いがあったからだと感謝しています。O先生のおかげでなんとか翌年の4月の入園まで通い続けることができました。

そのO先生とお話をしてきたのですが、凄い記憶力でした。

下の子が、当時通っていた保育園で額を切ったこと、あんなに頭が大きかったのに普通になったこと、いつも「オレ・オレ、ユウタユウタ」と偉そうに兄に接していたことなどなど。(今と変わらないじゃん)

上の子については、数字が強かったのでどこか違う中学に行くのか?髪型が昔とおなじことなどなど。

ほんの15分位でしたが、非常に懐かしい話に盛り上がりました。

もちろんO先生だけでなく、園長先生、A先生、T先生、スポーツチャンバラのN先生、S先生などいろんな先生とお話ししたのですが、みなさん二人のことを覚えてくれていて、昔の面影がある~と喜んでくださいました。その位うちの子たちは相当インパクトが強かったのでしょう。

この幼稚園の凄いところは、バスの運転手にリタイアした男性を雇っていて、いろんな特技・経歴をもった先生が多いことです。

当時はよく割り箸デッポウなど手作りのおもちゃを持って帰ってきてました。園児だけで泊りがけの旅行にも連れて行ってくれました。芋ほり、ぶどう狩りなどいろいろな体験をさせていただきました。宮沢賢治の雨ニモマケズを暗唱できるようにもなりました。園長先生はよく「今は全てを理解できなくてもいい。大きくなって困難なことにぶつかった時、それを解決するために少しでも役にたってくれればいい」といつもおっしゃっていました。そして、今回驚いたことに手作りの電車、レールが園舎の中にありました。やっぱりスケールが大きいですね。
画像


先生方ありがとうございました。家に帰ってから二人の卒園アルバムを見ながら昔話に花を咲かせたことは言うまでもありませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック