スパルタスロンへの道

○ 出場資格 
スパルタスロンに参加するためには次の条件を満たす必要があります。

 (1)競技者は、100km以上のレースを10時間30分以内で完走したことがある。

 (2)競技者は、スパルタスロンのレースに参加した経験があり、チェックポイントであるネスタニ(Nestani/172k地   点)に24時間30分以内に到達したことがある。

 (3)競技者は、スパルタスロンに参加し、完走したことがある。

 (4)競技者は、200km以上のレースに参加し、タイムに関係なく完走したことがある。

 私の場合は、(1)の条件で本年2月にスパルタスロンを申し込みました。100キロ10時間30分以内の完走が出場条件ですが、各関門時間を考えると、個人的にはサブテン位のスピードが必要かと思います。


○ 参加費用(2月20日、みずほ銀行から送金)
 EUR250 換算相場120.48 30,120円
 送金手数料         5,500円
 コルレス先支払手数料   2,500円
 合計             38,120円

参加費250ユーロに現地滞在費用、朝昼夕食代金が含まれています。さらに、グリファダからスタート地点のパルテノン神殿までのバス、レース終了翌日のスパルタでの昼食会、アテネのファナルパーティ―、スパルタからアテネまでのバス代なども含まれています。日本では考えられません。かなりリーズナブルだと思います。

○ 診断書代
 子供が行きつけの町医者に書いてもらいました。3,000円位かかりました。

○旅費(7月7日手配)
KLMオランダ航空 130,000円
オランダ出入国税、燃油サーチャージ等26,200円
合計        156,200円

飛行機は早め、できれば2月中に手配することをお勧めします。私は7月7日に購入したので、安い航空券があまり残っていませんでした。

○手持資金 450ユーロ(実際に使用したのは約150ユーロ)   
    いろいろと観光しましたが、300ユーロ弱余りました。

エイドに置く食料やサプリメントなどをあわせ、全部で30万円位はかかったと思います。

○休暇について
 9月19日から23日までシルバーウィークで連休だったので、休みを取るのも大変でした。スパルタスロンに参加するためには、連休後に更に休暇を取らなければなりません。
 結局、9月30日(水)まで休暇を取りました。

 レース自体は9月25日(金)~9月26日(土)までですが、27日(日)はアテネまでの移動日。28日(月)は夜セレモニーがあるので、セレモニーまで出席するためには30日(水)までの休暇が必要になります。

 自分は1年前から職場の人たちに休むことを宣言していました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

エリー
2009年10月05日 21:22
遅ればせながら、スパルタスロン完走おめでとうございます。 息子さんたちにとって、自慢のパパさまですね。 これからも益々、輝かれますように。
テツラン
2009年10月06日 11:28
エリーさん>
ありがとうございます。
皆さんから頂いたメッセージ、お守りのおかげで完走できたと思います。
今後ともよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック