スパルタスロン完走記

4、5年前からの夢であったスパルタスロンに参加してきました。目標時間、実際の走行時間、エイドに預けた荷物は最後に載せています。

9月21日
家族4人で成田の日航ホテルに泊まりました。マイルを使ったのでほとんどお金はかかりませんでした。部屋はコネクトルーム。快適です。夕飯はバイキングでカツオのたたきをたらふく食べました。妻の誕生日特典で妻と私にはスパークリングワイン、子供たちにはジュースがサービスされました。日本食とも暫しの別れです。部屋で全身マッサージをやってもらいました。
画像


9月22日
早朝成田空港周辺をランニングしました。そして、成田空港へ。子供たちは「いってらっしゃーい」と言っていますが、口うるさい私がいなくなるので少しほっとしているようでした。預けられる荷物は20キロまでなので、手荷物にレトルトお粥、フルーツカンズメを入れたら、手荷物検査のところで没収されてしまいました。幸先悪いスタートです。

東京(成田空港)/アムステルダム(スキポール)11:15-16:10 
(KLM ROYAL DUTCH AIRLINES)【KL862】
  アムステルダム(スキポール)/アテネ(エレフテリオス・ヴェニゼロス)20:35-0:50
(KLM ROYAL DUTCH AIRLINES)【KL1581】

9月23日
予定通り午前1時前にアテネに到着しました。空港で仮眠をしていると女性の実力者Y子さんや古山さんなど続々と空港に到着しました。これでホテルまで無事行くことができるとホッとしました。

午前5時過ぎに池田さん、西村さんとX96のバスに乗りグリファダビューホテルに向いました。このホテルは初めて使われるので皆さん正確な場所が分からないようです。
画像


結局バス停2つ先のところで下りて、スーツケースを押しながらホテルに到着しました。ギリシャの歩道はデコボコだらけでスーツケースを押すのにも苦労します。ホテルに着くと能登さんと計良さんが既に到着していました。13時のチェックインまで部屋には入れないようです。

昼飯は用意されているようなことが書類に記載されていましたが、夕飯からだとホテルの人が言いはるので、11時過ぎにアン坊主さん、Y子さん、古山さんとグリファダの街に出かけました。ギリシャは本当にいい加減です。初めて見るグリファダの街に心は躍ります。しかーし、大抵のお店は午後1時オープン。午後1時までにはホテルに戻りたかったので、ファーストフードっぽいお店でスパゲティーとビールを頂きました。アン坊主さんはスパとグリル、すごい量でした。ウルトラをやっている人の食欲は凄いです。

チェックイン後、日本人以外の選手が泊まっているロンドンホテルに受付に行きました。
受付後、部屋に戻ってからはひたすらエイドに預ける荷物を用意しました。これが結構疲れます。部屋の仲間とたわいのない会話を楽しみながら黙々と作業を進めます。今回妻が各エイドにメッセージを用意してくれました。当然私は見ていません。エイドのささやかな楽しみです。
画像


荷物の準備が終わってから、アテネの街を1時間位軽~くジョグしました。車がビュンビュンスピードを出しているので恐かったです。特に交差点では細心の注意を払いました。

9月24日
ホテルロンドンにエイドの荷物を預けてから、斉藤さん、計良さんとトラムに乗ってアテネの中心部シンタグマ広場に向いました。岩本さんから前日はあまり動くなとメッセージを頂きましたが、今度アテネにいつ来れるかわかりません。レースには不利になるかもしれませんが、リカヴィトスの丘に上り、明日スタートするパルテノン神殿を眺めました。昼食はおしゃれなオープンカフェのようなところで頂き、明日の健闘を誓ってビールで乾杯しました。
画像


画像




ロンドンホテルで夕方行われる説明会はパスし、ホテルの夕飯も20時からと遅かったので、持参したアルファ米2袋と能登さんが家庭菜園で作ったズッキーニを頂いて、20時前にはベッドに入りました。

9月25日
大会当日です。午前2時過ぎに便意で目が覚めました。能登さんのズッキーニのおかげか、それとも時差の関係か?いずれにしても大の心配がなくなったので良かったです。朝食は昨晩と同じくホテルの部屋でアルファ米2袋を食べました。そしてワセリンを足の指などに塗り、妻に買ってもらった日焼け止めアネッサを露出する箇所全てにベトベトに塗り、テーピングを膝に貼り戦闘モード完了です。ホテルで荷物を預かるかどうかですったもんだしましたが、ホテルは聞いていないの一点張り。しょうがなく、全ての荷物をバスに詰め込み、スタート地点に向います。

スタート地点であるパルテノン神殿にはスタート30分前の午前6時30分頃到着しました。スタート地点でチームの方々とおしゃべりし写真など撮りました。

スタート~コリントス(80K)
午前7時。薄暗い中スタートです。
石畳の道を下っていきます。コリントスまでは6分30秒/Kで行く予定なので、はやる気持ちを抑えながらゆっくりと進んでいきます。

しばらく進むと公園があったので、そこで小を済ませました。4、5キロごとにあるエイドで噂のコーラ水割りを初めて飲みました。ピュアコーク(水で割っていないコーラ)がいいと言う人もいますが、私は水割りコークが気にいりました。乾燥イチジクも気にいりました。

40キロ手前のメカラで日本人の方が用意してくれたおにぎりを頂き、預けておいたレトルトお粥と豆乳を飲みました。ストームが近づいていて雨が降るかもしれないと言われていましたが、暑くなりそうです。

しばらく進むとエーゲ海が現れます。紺碧のエーゲ海。快くレースに送り出してくれた家族に感謝です。しかし、暑い。貝を採っている素もぐりの人を何人か見かけました。すごく気持ち良さそうです。脱水にならないようインスタント味噌汁の味噌をチョビチョビ舐めながらコリントスを目指します。

50キロ過ぎあたりでしょうか。顔から凄い量の汗が噴き出してくるので、手で顔を拭ったところ、なんと左目のコンタクトレンズがずれてしまいました。そこらへんに止まっている車のミラーを借りてコンタクトを直そうかとも考えましたが、変質者に思われると嫌なので、次のエイドまでがんばり、スタッフに事情を話してバックミラーを借りてコンタクトを直しました。ここでみっちゃんに抜かされました。さすがはみっちゃん、足取りが軽いです。

コリントスには15時20分に到着しました。予定より20分早い到着です。コリントスでは仰さん、マックさんの奥様ことみさんを見かけました。ここで預けておいたレトルトお粥、豆乳を飲みました。また、噂の蜂蜜をかけたヨーグルトを頂きました。このヨーグルト自分の口に合っていたのでこの先何回となくいただきました。また、コリントスには「ひやろん」を置いておいたので、ひやろんを帽子の中に入れました。かなり暑かったので、ひやろんはヒットでした!!

コリントス(80K)~ネメア(123K)
コリントスのエイドを出ると先のほうに亀井さんの後姿を見ました。亀井さんはいつも赤い服を着ているので目立ちます。コリントスからはブドウ畑が広がり、今までの景色とだいぶ違ってきます。家もまばらにありますが、子供たちが気さくにハローと声をかけてくれます。

しばらく行くと亀井さんに追いつきました。おなかの調子が悪いようで、走っては少し歩くことを繰り返してました。このようなこと一つとってもベテランウルトラランナーから学ぶ事は多いです。

綺麗な町並みの中にエイドがありました。そこでサポートのねもっつ君が応援してくれていました。亀井さんと一緒に写真を撮ってもらい少しお喋りをしました。ねもっつ君。アテネでレンタカーを借りてスパルタまで一人で向うようです。彼の行動力には脱帽します。

102K地点のゼブゴラチオでライトを装備しました。ここでもお粥と豆乳を飲みました。フルーツカンズメを用意していたのですが、あまり気が進まなかったので、5歳くらいの双子と一緒に応援していた父親に、「二人にあげて」とカンズメを渡したら、満面の笑みで応えてくれました。4人で一緒に写真も撮りました。

このゼブゴラチオでは子供たちからサイン攻めに合いました。10人くらいにサインしました。おかげでかなりタイムロスしましたが楽しかったです。子供の名前を聞いてカタカナで子供の名前を書き、続いて自分の名前、ジャパンと書いて渡していました。いつか大きくなった時、日本に興味を持ってくれると嬉しいなと思いました。かなり止まってサインしていたので筋肉が多少固まってしまいました。(笑)

ネメアには21時24分に着きました。予定より20分遅れています。
ネメアではアロハさんが毛布に包まっていました。ドクターストップでリタイアしたようです。斉藤さんもいました。斉藤さんは食べ物が受け付けないようです。対して、私はまたまたお粥と豆乳を飲みました。食欲が減りません。
杉浦さんの奥様に写真を撮ってもらいました。主要な街には立派な教会が必ずあります。それだけでも新鮮です。

ネメア(123K)~リルケア(148K)
昼間暑かったせいもあり、予想以上に体力を消耗していました。この区間は睡魔に悩まされました。あまり記憶が残っていません。リルケアには1時43分に到着しました。ロングスパッツとウインドブレーカーを着ました。そしてライトの電池を換えてサンガス山の山登りに備えます。5分間目をつぶりました。4月のさくら道国際ネイチャーランでは、目をつぶる作戦で眠気がおさまりましたが、今回は駄目なようです。それだけ体力を消耗していたのでしょう。

リルケア(148K)~ネスタニ(171K)
リルケアを過ぎてからも睡魔が襲ってきます。蛇行しているようです。眠りながら走っています。あっ人がいると思って近づくと草や木でした。幻覚ってやつです。眠くてどうしようもなく路肩で寝てるとスタッフから注意を受けたので仕方なく走り始めました。サンガス山の山登りが始まれば寒さで目が覚めるだろうと考え、159.5キロの登山口を目指して急ぎました。

サンガス山は断崖絶壁で恐いという話しを聞いていましたが、山登りに慣れている私にとってはなんてことない山でした。しかーし寒い。おまけに風も強い。おかげで眠気は吹っ飛びました。CP48の山頂は本当の山頂ではなく山のコルでした。鉄塔が印象的でした。ここで毛布をかけてもらいコーヒーを2杯頂きました。下りは富士山の下山道に似ており、走りながら爽快に下りました。

しばらく行くと舗装道路に出ます。下り基調です。月は半月。満天の星空が凄く贅沢でした。遠い日本の家族のことを考えていたら泣けてきました。泣きながら「ありがとう」と心の中で呟いていました。

このような感傷とは裏腹に便意がもようされてきました。ちょどいい建物が現れたのでそこで済ませました。筋肉痛で完全にはしゃがめず中腰スタイルです。おそらくこの間に亀井さんとことみさんに抜かされたと思います。ゴール後途中経過を見たら、この区間、日本人が団子状態だったようです。

しばらく行くと亀井さんがエイドの写真を撮っています。全エイドの写真を撮るようです。調子がいいようなので先に行ってもらいました。ネスタニには6時6分に着きました。サマータイムを導入しているので6時でもまだまだ暗いです。亀井さんとはそんなに離れていないはずなのにネスタニに着くと亀井さんの姿がありません。あとから聞くとネスタニに着いて直ぐにマッサージを受けていたようです。亀井さんが自分より後を走っていたことを知ったのはゴール後でした。

ネスタニ(171K)~テゲア(195K)
亀井さんに追いつきたい一心で一生懸命走りました。しばらくすると明るくなってきました。雨が急に降ってきました。エイドでウインドブレーカーを脱ぎ、スパルタに送ってもらうようにお願いしました。どこでも防寒着を脱げるようにウエストポーチに袋を入れておきました。脚が冷えてきたのでロングスパッツは脱がずにそのまま走りました。

しばらくするとことみさんに追いつきました。おしゃべりしながら走っていると、小さい男の子と女の子の兄弟が花を渡してくれました。子供は万国共通かわいいです。スパルタ完走経験者のことみさんから、このままの状態であれば完走は間違いないと言われ、少しほっとした記憶があります。

テゲアでは預けた荷物を受け取らずそのままスルーしました。

テゲア(195K)~モニュメント(222K)
テゲアを過ぎてからだらだら上りが続くと聞いていましたが、本当にそのとおりでした。恐るべしスパルタスロン。まだ50キロもあります。しかし景色は雄大。決して日本では見ることのできない雄大な景色です。道路の両側にはビッグサンダーマウンテンのような岩がずーっと果てしなく続きます。
画像



早くゴールして走るのを終わりにしたい。歩くのすら嫌になってきます。どこまで俺の体をいじめれば気が済むんだ、スパルタスロン。普段100キロ以上走ると決まってどちらかの足首が腫れあがるのですが、今回はその兆候が見受けられません。6月、7月、8月とコンスタントに500キロ近く走ったからでしょうか。脚ができているようです。かわりに左足の膝がキーンと痛くなってきました。左足膝は交通事故で痛めているので仕方ありません。強力なサポーターをモニュメントに置いておけば良かったと悔やみました。サポーターさえあればもう少し気持ちよくゴールできたかもしれません。

モニュメントには13時30分に着きました。後から知ったところによると、この時みっちゃんに10分ちょいまで迫っていたようです。モニュメントにはアロハさんがいました。昨年完走しているアロハさんから「完走間違いない」とお墨付きをいただきました。完走よりも早く終わって欲しい・・・。それだけです。

モニュメント(222K)~スパルタ(245.3K)
モニュメントを過ぎると後は下り基調です。膝の激痛で笑顔になれません。このころから、ドライバーからクラクションを鳴らされたりパッシングを受け、祝福してくれます。かろうじて手をあげて祝福に応えていました。

ゴールまで残り11キロのエイドで杉浦さんの奥様から声援を受けました。まだまだ下ります。最後だと思い一生懸命下りました。下りきると残り6キロのエイドがあります。ここからは平坦ですが、もう走ることはできません。ひたすら歩きます。最後のエイドを通過してしばらくすると、私とフランス人、ポルトガル人の後ろにパトカーがつきました。

右折するとビクトリーロードです。自転車に乗った子供などが併走してくれます。アロハさんが日本の旗を渡してくれました。良一さんがマイスターの旗を渡してくれました。夢にまで見たレオニダス像が現れました。足にタッチしゴール。ゴールの感激より終わったことの安堵感が強かったです。感激して泣いている人もいましたが、私は夜間、一人で走っているとき、遠い日本の家族のことを考えた時以外は感傷には浸りませんでした。月桂冠をかぶり聖水を飲み、盾をもらって記念撮影をしました。
画像


画像


しばらくすると係りの人が足の裏を消毒してくれました。ぼーっとすわっていると良一さんが来て握手をしてくれました。この後どうしていいか分からずに座っていると、横にことみさんが座っていました。ゴールは数分の差だったようです。ことみさんとタクシーに乗りラコニアホテルに向いました。

部屋についてシャワーを浴び、ついでに着ていた服を洗いました。一段落してからゴールに向います。マイスターでは亀井さんと仰さんがゴールしていないようです。しばらくすると亀井さんが現れました。奥様も嬉しそうです。亀井さんはスパルタ常連なのでビクトリーロードの走りも慣れています。

残るは仰さん。制限時間の午後7時前、能登さんと二人でビクトリーロードに登場しました。天候が不順で完走率40%のところ、マイスターの完走率は100%。凄いです。私も仲間外れにならなくてよかったです。

ホテルの部屋に戻り寝てから表彰式に行こうと考えていたら、そのまま寝ていました。仰さんとねっもつ君が自分の部屋に来たので起きました。ねもっつ君がシャワーを浴びている間にいつの間にか寝ており、気付いたら翌朝でした。


9月27日
10:00~12:30 エイド荷物返却
13:00~14:30スパルタ市長との昼食会。ワインが美味しかったです。
15:00    バスでアテネへ移動
20:00    夕食

9月28日(月
エギナ島へ観光。
海の幸を堪能し、ビールを飲みながらおしゃべりしていたら、良一さんたちも同じ店に来ました。行きはピレウスから1時間半、帰りは高速船だったので40~50分だったような気がします。綺麗な島でしたが月曜日だったので博物館とかは休みでした。ディズニーシーのような町並みが本当に実在するのですね。(写真は旅行のパンフレットから借りています)
画像

20:00セレモニー。完走者一人一人呼ばれます。メダルをかけてもらい、マイスターの旗とともに記念撮影。   
0時過ぎホテル到着。アテネ空港へ(仮眠)。ワインで結構酔っていましたが、飛行機の席に座るまでは気を抜くことはできません。
画像


9月29日(火 
アテネ(エレフテリオス・ヴェニゼロス)/アムステルダム(スキポール)5:00-7:30
 (KLM ROYAL DUTCH AIRLINES)【KL1572】

オランダ観光
 時間があったので、オランダ観光。空港からアムステルダム中央駅までは20分ちょい、往復7ユーロくらいでした。オランダと言えばハイネケン。あちこちに運河があり綺麗な町並みでした。でもタバコ吸う人が多いです。歩き タバコだらけでした。日本も昔はそうだったんですよね。
画像


アムステルダム(スキポール)/東京(成田空港)15:20-9:40

9月30日(水 
帰宅。
時差ボケ激しいです。

エイドへ預けたもの
○メカラ:豆乳、お粥、梅干、熱塩飴、味噌、アミノゼリー、BCAA

○コリントス:豆乳、梅干、熱塩飴、お粥、味噌、BCAA、ひやろん

○ゼブゴラチオ:豆乳、梅干、お粥、フルーツ缶、味噌、ウエストポーチ、スパルタ行袋、軍手、ライト(腰、ジェントス閃)

○ネメア:豆乳、お粥、ライト(黒)、テーピング、BCAA

○リルケア:豆乳、お粥、ライト(予備用)、電池、軍手、ロングスパッツ、ウインドブレーカー、テーピング、BCAA

○ネスタニ:豆乳、BCAA、テーピング

○テゲア:豆乳、熱塩飴、味噌、BCAA、アミノゼリー、フルーツ缶、BCAA、梅干、テーピング

○モニュメント:豆乳、熱塩飴、味噌、BCAA、アミノゼリー、お粥、BCAA、梅干、テーピング"

服装
t-シャツ
膝までのcw-x
アームウォーマー
スパルタスロン参加賞の帽子
タビオ靴下(厚手)
アシックスゲルフェザー

距離CP目標時間目標時刻時 間時 刻目標min/k実際min/k
0.0アテネ07:00----
(38.8)-(4'12)-(3'45)-6'30/K5'47/k
38.8メカラ4'1211:123'4510:45--
(41.2)-(4'28)-(4'35)-6'30/k6'40/k
80コリントス8'4015:408'2015:20--
(43.3)-(5'20)-(6'04)-7'30/k8'24/k
123.3ネメア14'0021:0014'2421:24--
(25.0)-(4'00)-(4'19)-10'00/k10'21/k
148.3リルケア18'001:0018'431:43--
(23.2)-(3'50)-(4'23)-10'00/k11'20/k
171.5ネスタニ21'504:5023'066:06--
(23.8)-(3'30)-(3'14)-9'00/k8'09/k
195.3テゲア25'208:2026'209:20--
(27.2)-(4'10)-(4'10)-9'00/k9'11/k
222.5モニュメント29'3012:3030'3013:30--
(22.8)-(3'30)-(3'31)-9'00/k9'15/k
245.3スパルタ33'0016:0034'0117:01--

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

モトチカ
2009年10月03日 15:11
お疲れ様でした!

家族の支えをバネにして見事な結果を得ることができすばらしいです。
ずっと速報サイトを見ていましたが、速報サイトでわかるのはタイムだけ。
この数字の裏にいろんなドラマがあるんだろうな、と思っていましたがじっくり読ませていただいてやっぱりスゴイと思いました。
自分もいつか出たいっす。

改めておめでとうございます、を言わせてください。
テツランさん、スゴイよ!
にゃんねる
2009年10月05日 11:09
おめでと~。。。
よかった~。無事で本当によかった。
どこでなにがおこるかわかんないもんね。
速報はチェックしていましたが、ドキドキでした。
とにかくおめでとう。
テツラン
2009年10月05日 17:49
モトチカさん。
ありがとうございます。
雁坂の試走とか懐かしいですね。
テツラン
2009年10月05日 17:54
にゃんねるさん。応援ありがとうございました。四万十頑張ってね! いい大会だよ。
サンタパパ
2009年10月25日 05:37
遅まきながら、完走おめでとうございます!!とても読み応えのある完走記でした。これだけ過酷なレースの制覇、一生心に野残るでしょうね。
テツラン
2009年10月29日 14:11
サンタパパさん。ありがとうございます。
一生心に残ると思います。いつか息子達にも出て欲しいなぁ。

この記事へのトラックバック